2019年1月12日土曜日

ネットワークの場所の変更方法

「識別されていないネットワーク」に分類されたネットワークの場所を「パブリックネットワーク」から「プライベートネットワーク」に変更する方法です。


デフォルトゲートウェイが設定されていないネットワーク環境などでは「識別されていないネットワーク」となり、パブリックネットワークの扱いになります。
パブリックネットワークになるとファイアウォールの設定が厳しくなったりネットワークのフルマップが作成できないなど支障をきたすことがあります。
信頼できるネットワークにいる場合にはこれをプライベートネットワークに変更した方が問題は少ないと思います。


【ローカルセキュリティポリシーで設定する】


  1. キーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」を起動します。
    「control admintools」と入力して「OK」をクリックし、コントロールパネルの管理ツールを起動します。
  2. 管理ツールの一覧から「ローカルセキュリティポリシー」を起動します。
  3. [セキュリティの設定] - [ネットワーク リスト マネージャー ポリシー] を開きます。
    ネットワーク名の一覧から「識別されていないネットワーク」をダブルクリックします。
  4. 「識別されていないネットワークのプロパティ」ダイアログが起動します。
    「場所の種類」を「プライベート」に設定します。

    「ユーザーのアクセス許可」で「ユーザーは場所を変更できる」に設定するとネットワークと共有センターでネットワークの場所を変更できるようになります。
    ※アクセス許可の設定は Vista ではできましたが Windows 7 、8、Windows Server 2008 R2 、Windows Server 2012 ではここを設定しても変更できないようです。
  5. ネットワークと共有センターで確認し、「プライベートネットワーク」もしくは「社内ネットワーク」になっていればOKです。



【レジストリで設定する】

  1. キーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」を起動します。
    「regedit」と入力して「OK」をクリックし、コントロールパネルの管理ツールを起動します。
  2. HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\NetworkList\Signatures を探します。

    この中に「010103000F0000F0010000000F0000F0C967A3643C3AD745950DA7859209176EF5B87C875FA20DF21951640E807D7C24」というキーがあれば選択します。

    なければ「Signatures」で右クリックし、[新規作成]から[キー]を選択します。
    キーの名前に「010103000F0000F0010000000F0000F0C967A3643C3AD745950DA7859209176EF5B87C875FA20DF21951640E807D7C24」と入力します。
  3. さらに今作成したキーの中に「Category」という名前の DWORD 値を作成します。
  4. 作成した「Category」値をダブルクリックします。
    値を変更します。
    1:プライベートネットワーク
    0:パブリックネットワーク
    未構成にする場合は値ごともしくはキーごと削除します。
  5. 「ユーザーのアクセス許可」を設定する場合は「CategoryReadOnly」というDWORD値を作成(変更)します。
    0:ユーザーは場所を変更できる
    1:ユーザーは場所を変更できない
    未構成にする場合は値ごともしくはキーごと削除します。
  6. ローカルセキュリティポリシーで設定を変更したとき同様、ネットワークの場所が変更されているか確認します。

2019年1月10日木曜日

Windows 10の設定画面をコマンドで開く


●「ファイル名を指定して実行」を使って設定画面を開く
 [システム]-[バージョン情報]画面を開く場合は、[Windows]+[R]キーを押して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、名前の入力ボックスに「ms-settings:about」と入力して、[OK]ボタンをクリックすればよい。

●コマンドプロンプトから直接起動する

 [Windows]+[R]の「ファイル名を指定して実行」ダイアログではなく、コマンドラインから直接起動したければ、URIの前に「start ~」を付けて、「start ms-settings:about」のようにして実行する。URIを覚えるのが面倒なら、このコマンド行をバッチファイルとして保存しておくと(例えば、winabout.cmdという名前で保存しておく)、簡単に起動できるだろう。

●設定画面を開くショートカットを作成する

 [Windows Update]画面など、よく開く設定画面は、デスクトップにショートカットを作成しておくと便利だ。デスクトップの空いているところを右クリックし、開いたメニューの[新規作成]-[ショートカット]を選択する。[ショートカットの作成]ウィザードが起動するので、「ms-settings:windowsupdate」と入力し、[次へ]ボタンをクリック、次の画面で「Windows Update」などと入力すれば、[Windows Update]画面を開くショートカットがデスクトップ上に作成できる。


●主な設定画面のURI

 Windows 10の設定画面は、大型アップデート(機能アップデート)が適用されるたびに変更されている。そのため、設定画面のURIも、Windows 10のバージョンごとに一部変更されている。以下、Windows 10 October 2018 Updateの主な設定画面の「ms-settings:URI」を一覧で紹介する。Windows 10 April 2018 Update以前では開かないURIもあるので注意していただきたい。

設定画面ms-settings:~
Windowsの設定ms-settings:
システム
 ディスプレイms-settings:display
 サウンドms-settings:sound
 通知とアクションms-settings:notifications
 集中モードms-settings:quiethours
 電源とスリープms-settings:powersleep
 ストレージms-settings:storagesense
 タブレットモードms-settings:tabletmode
 マルチタスクms-settings:multitasking
 このPCへのプロジェクションms-settings:project
 共有エクスペリエンスms-settings:crossdevice
 リモートデスクトップms-settings:remotedesktop
 バージョン情報ms-settings:about
デバイス
 Bluetoothとその他のデバイスms-settings:bluetooth
 プリンターとスキャナーms-settings:printers
 マウスms-settings:mousetouchpad
 入力ms-settings:typing
 ペンとWindows Inkms-settings:pen
 自動再生ms-settings:autoplay
 USBms-settings:usb
電話
 電話ms-settings:mobile-devices
ネットワークとインターネット
 状態ms-settings:network-status
 イーサネットms-settings:network-ethernet
 ダイヤルアップms-settings:network-dialup
 VPNms-settings:network-vpn
 データ使用状況ms-settings:datausage
 プロキシms-settings:network-proxy
個人用設定
 背景ms-settings:personalization-background
 色ms-settings:colors
 ロック画面ms-settings:lockscreen
 テーマms-settings:themes
 フォントms-settings:fonts
 スタートms-settings:personalization-start
 タスクバーms-settings:taskbar
アプリ
 アプリと機能ms-settings:appsfeatures
 既定のアプリms-settings:defaultapps
 オフラインマップms-settings:maps
 Webサイト用のアプリms-settings:appsforwebsites
 ビデオの再生ms-settings:videoplayback
 スタートアップms-settings:startupapps
アカウント
 ユーザーの情報ms-settings:yourinfo
 メール&アプリのアカウントms-settings:emailandaccounts
 サインインオプションms-settings:signinoptions
 職場または学校にアクセスするms-settings:workplace
 家族とその他のユーザーms-settings:otherusers
 設定の同期ms-settings:sync
時刻と言語
 日付と時刻ms-settings:dateandtime
 地域と言語ms-settings:regionlanguage
 音声認識ms-settings:speech
ゲーム
 ゲームバーms-settings:gaming-gamebar
 ゲームDVRms-settings:gaming-gamedvr
 ブロードキャストms-settings:gaming-broadcasting
 ゲームモードms-settings:gaming-gamemode
 TruePlayms-settings:gaming-trueplay
 Xboxネットワークms-settings:gaming-xboxnetworking
簡単操作
 ディスプレイms-settings:easeofaccess-display
 カーソルとポインターのサイズms-settings:easeofaccess-cursorandpointersize
 拡大鏡ms-settings:easeofaccess-magnifier
 カラーフィルターms-settings:easeofaccess-colorfilter
 ハイコントラストms-settings:easeofaccess-highcontrast
 ナレーターms-settings:easeofaccess-narrator
 オーディオms-settings:easeofaccess-audio
 字幕ms-settings:easeofaccess-closedcaptioning
 音声認識ms-settings:easeofaccess-speechrecognition
 キーボードms-settings:easeofaccess-keyboard
 マウスms-settings:easeofaccess-mouse
 視線制御(ベータ)ms-settings:easeofaccess-eyecontrol
Cortana
 Cortanaに話しかけるms-settings:cortana
 アクセス許可と履歴ms-settings:cortana-permissions
 デバイス間でのCortanams-settings:cortana-notifications
 詳細情報ms-settings:cortana-moredetails
プライバシー
 全般ms-settings:privacy
 音声認識、手書き入力、入力の設定ms-settings:privacy-speechtyping
 診断&フィードバックms-settings:privacy-feedback
 アクティビティの履歴ms-settings:privacy-activityhistory
 位置情報ms-settings:privacy-location
 カメラms-settings:privacy-webcam
 マイクms-settings:privacy-microphone
 通知ms-settings:privacy-notifications
 アカウント情報ms-settings:privacy-accountinfo
 連絡先ms-settings:privacy-contacts
 カレンダーms-settings:privacy-calendar
 通話履歴ms-settings:privacy-callhistory
 メールms-settings:privacy-email
 タスクms-settings:privacy-tasks
 メッセージングms-settings:privacy-messaging
 無線ms-settings:privacy-radios
 他のデバイスms-settings:privacy-customdevices
 バックグランドアプリms-settings:privacy-backgroundapps
 アプリの診断ms-settings:privacy-appdiagnostics
 ファイルの自動ダウンロードms-settings:privacy-automaticfiledownloads
 ドキュメントms-settings:privacy-documents
 ピクチャms-settings:privacy-pictures
 ビデオms-settings:privacy-videos
 ファイルシステムms-settings:privacy-broadfilesystemaccess
更新とセキュリティ
 Windows Updatems-settings:windowsupdate
 Windowsセキュリティms-settings:windowsdefender
 バックアップms-settings:backup
 トラブルシューティングms-settings:troubleshoot
 回復ms-settings:recovery
 ライセンス認証ms-settings:activation
 デバイスの検索ms-settings:findmydevice
 開発者向けms-settings:developers
 Windows Insider Programms-settings:windowsinsider





2019年1月8日火曜日

PowerShelllでネットワークの場所を変更する

PowerShelllでNetConnectionProfileの設定を変更する

●プライベートに変更する場合
PS> Get-NetConnectionProfile | where Name -eq "<ネットワーク名>" | Set-NetConnectionProfile -NetworkCategory Private

●パブリックに変更する場合
PS> Get-NetConnectionProfile | where Name -eq "<ネットワーク名>" | Set-NetConnectionProfile -NetworkCategory Public

●ネットワーク名の確認方法
PS > Get-NetConnectionProfile

Name             : ネットワーク
InterfaceAlias   : ローカル エリア接続
InterfaceIndex   : 9
NetworkCategory  : Private
IPv4Connectivity : Internet
IPv6Connectivity : NoTraffic

のName欄の名前がネットワーク名

2018年12月17日月曜日

イベントログからPC起動時刻とシャットダウン時刻を調べる

PC起動時刻とシャットダウン時刻を調べる

1.「コンピュータの管理」を起動する
Windows7の場合 スタート -> コンピュータを右クリック -> コンピュータの管理

Windows8の場合 スタート右クリック -> コンピュータの管理

Windows10の場合 スタート右クリック -> コンピュータの管理

2.左ウィンドウのツリー階層から
イベントビューアー -> Windowsログ -> システム
の順で開く。

3.ログが表示するまで、待つ
ログが多かったり、PC環境によっては数分程度かかる。

4.右側のウィンドウの「現在のログをフィルター」をクリックする。

5.イベントIDを半角数字で入力。6005-6006 と入力します。
(6005が起動、6006がシャットダウンです。Win10については後述)


6.起動と終了ログのみが表示されます。



●Windows10ではシャットダウンが「6005-6006」ですべて表示されない
Windows10の場合、6005(起動)と6006(終了)だけでなく7001(ログオン)と7002(ログオフ)でもフィルタする必要があります。

Windows10の起動とシャットダウンは、イベントIDの数字が7や8とは異なります。

理由はWindows10はデフォルトで使用している場合は、起動を速くするために「高速スタートアップ」が適用されており、「完全シャットダウン」(設定していない場合はWindowsUPDATEまたはシフトキー押しながらシャットダウンなど)をしていないからです。

そのため「完全シャットダウン」をしたときのみ6006と6005がログとして表示されます。

7001-7002でフィルタする
Windows10の場合は「高速スタートアップ」の起動と終了はスリープ扱いとなり、6005-6006のログは記録されないため「7001-7002」で調べます。


●起動終了ログで必要なイベントID

Win7,Win8,Win10(完全シャットダウン&起動時のみ)の場合
6005 起動
6006 シャットダウン
6008 正常ではない終了

Windows10の通常起動の場合(高速起動はスリープ扱いになるため)
7001 起動(ログオン)
7002 シャットダウン(ログオフ)




2018年12月16日日曜日

Outlook2010/2013のアカウントをバックアップ・復元

Outlook2010/2013のメールアカウントをファイルにしてバックアップするには、レジストリをエクスポートします。


● Outlook2010アカウントのバックアップ手順
1) 「Windows」+「R」を押す
2) 「regedit」と入力してエンター
3) HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows Messaging Subsystem\Profilesを開く
4) 「outlook」フォルダを右クリック
5) 「エクスポート」をクリック
6) 適当な場所に保存する

● Outlook2013アカウントのバックアップ手順
1) 「Windows」+「R」を押す
2) 「regedit」と入力してエンター
3) HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlookを開く
4) 「Profiles」フォルダを右クリック
5) 「エクスポート」をクリック
6) 適当な場所に保存する

● 復元手順
1) 上手順でエクスポートしたファイルをダブルクリック



www.click-rescue.com

2018年11月15日木曜日

PC起動時のBIOS 起動キー

パソコンメーカー別 

メーカー名
BIOS起動キー
NEC
「F2」キー
富士通
「F2」キー
東芝
「F2」キー
SONY
「F2」キー
Lenovo(IBM)
「F1」キー
HP(Compaq)
「F10」キー
Dell
「F2」キーまたは「Ctrl+Alt+Enter」キー
日立
「F2」キー
Panasonic
「F2」キー
Sharp
「F2」キー
ASUS
「F2」キー


マザーボードメーカー別 

メーカー名
BIOS起動キー
ASUS
「Del」キー/「TAB」を押すとPOSTで停止
Intel
「F2」キー
Giga-byte
「Del」キー
ESC
「Del」キー
ASROCK
「F2」キー
MSI
「Del」キー


これらのキーを使った BIOS の起動方法について
  1. これらのキーは、PC起動時に「メーカーロゴが表示されている数秒間の間」に押下する必要があります。
  2. Windows上の「高速スタートアップ」が有効になっている場合、電源OFF状態からのコールドブートではこれらのキー押下でBIOSに入る事は出来ません。
  3. Windows が「UEFI形式でインストール」され、かつ「マザーボードの Fast Boot が有効になっている状態」でも、これらのキー押下でBIOSに入る事は出来ません。
  4. UEFI Windows PCで F2 キーや DEL キーで BIOS画面に入るには、以下の手順が必要です。





2018年11月8日木曜日

Outlookログを取得する

Microsoft Outlook のログ生成を有効にする方法

●Outlook 2016、 Outlook 2013、およびOutlook 2010 の場合
1. [ファイル] - [オプション]の順に選択します。
2. [詳細設定]をクリックします。
3. その他の[トラブルシューティングを記録する(Outlook の再起動が必要)]チェックボックスをオンにします。
4. [OK]をクリックします。
5. Microsoft Outlook を再起動します。

●Outlook 2007 以降の場合
1. [ツール] - [オプション]の順に選択します。
2. [その他]タブを開きます。
3. [詳細オプション]をクリックします。
4. [動作履歴を記録する(トラブルシューティング)]チェックボックスをオンにします。
5. [OK]を 2 回クリックします。
6. Microsoft Outlook を再起動します。

このオプションを有効にすると、Microsoft Outlook 2003/2007/2010 とメールサーバーとの間でメッセージが送受信される都度アプリケーションのトラブルシューティング用ログが記録されるようになります。

重要なお知らせ:トラブルシューティングが完了したら、ログ機能を無効にしてください。ログ機能が無効化されるまでログファイルが増大し続け、ハードディスクの空き容量を圧迫する可能性があります。

Outlook の再起動後、メールの履歴の記録がオンになっていると、Outlook のタイトル バーに「(動作履歴を記録する)」と表示されます。

●ログファイルの場所
a. POP3、SMTP、MAPI プロトコル用のログ

%temp%¥Outlook LoggingOpmlog.log

b. IMAP プロトコル用のログ

%temp%\Outlook LoggingIMAP-usernamedomainname-date-time.log

一旦Microsoft Outlook を終了するまでログが記録されない場合があります。

次の表は、さまざまなテキスト形式のログ ファイルの場所とコンテンツを示します。



ログ ファイルの種類   サブフォルダー    ファイル名   Outlook 2013Outlook 2010Outlook 2007
Outlook AutodiscoverTempolkdisc.logなしあり
Exchange ActiveSyncTemp/EASLogFilesdatafilename.bin
datafilename.xml
あり×なし
空き時間情報サービスTemp/OlkASdate-time-fb.log×なしあり
空き時間情報サービス、OOF、および会議開催日時の候補Temp/OlkASdate-time-AS.logなしありなし
保護ルールTemp/OlkASdate-time-PB4S.logなしありなし
ユニファイド メッセージングTemp/OlkASdate-time-UM.logなしありなし
ユニファイド メッセージングの設定 Temp/OlkASdate-time-UMCFG.logなしありなし
不在Temp/OlkASdate-time-oof.log×なしあり
会議開催日時の候補Temp/OlkASdate-time-ms.log×なしあり
Outlook カレンダーTemp/OlCalLogsOLKCalLog_date-time.etlあり
交通費Temp/Outlook Loggingopmlog.logあり
SMTPTemp/Outlook Loggingemailaddress-Outgoing-date-time.logあり
POP3Temp/Outlook Loggingemailaddress-Incoming-date-time.logあり
IMAPTemp/Outlook LoggingIMAP-emailaddress-Incoming-date-time.logあり
HTTP DAVTemp/Outlook LoggingHTTP-emailaddress-date-time.logなしあり
Outlook Hotmail ConnectorTemp/Outlook LoggingOLC-emailaddress-date-time.log
OLC-date-time.log
emailaddress.txt
なしあり
不在Temp/Outlook Loggingdate-time-oof.logなしありなし
Outlook プロファイルTemp/Outlook LoggingPROF_OUTLOOK_threadID_action
_year.month.day_hour.minute.second.txt
ありなし
Outlook の共有エンジンTemp/Outlook LoggingSharing Enginedate .logあり
Outlook-Windows Desktop Search indexingTemp/Outlook Loggingdatafilename.logあり
Outlook advanced ETW Temp/Outlook LoggingOutlook-date-time.etlありなし
メール ヒントTemp/Outlook Loggingdate-time-mailtips.logなしありなし
空き時間Temp/Outlook Loggingdate-time-fb.logなしありなし
Outlook の共有エンジンTemp/Outlook LoggingSharing Enginedatetime-mailtips.logあり
Outlook の最初の実行プロセスTemp/Outlook Loggingfirstrun.logあり