2019年11月5日火曜日

Windows リソース保護は、修復サービスを開始できませんでした。

Windows リソース保護は、修復サービスを開始できませんでした。

このエラーは「Windows Modules Installer(TrustedInstaller)」サービスが無効に設定されている場合に出力されます。
TrustedInstallerとは特別な処理を行うことが可能なサービスです。例えばUACによりadministratorでも変更できないシステム領域に対して変更を行うことができます。sfc /scannow はおそらくこのサービスの特権を使用してスキャンするのでしょう。よってこのサービスが「無効化」されていると失敗します。「手動」に設定されていれば、必要時に自動で起動されると思われます。

コマンドプロンプトでは以下のコマンドで確認することが可能です。管理者でコマンドプロンプトを開いてから実行してください。

> sc qc TrustedInstaller | findstr START_TYPE
        START_TYPE         : 3   DEMAND_START

3は手動です。

Windows 環境においてWindows Modules Installerサービスの状態(起動中/停止中)を確認するコマンドは
コマンドプロンプトを「管理者」として実行する必要があります。

> sc query TrustedInstaller | findstr STATE
        STATE              : 1  STOPPED

RUNNING・・・サービスは実行中。
STOPPED・・・サービスは停止中。

Windows Modules Installerサービスを手動起動する
Windows Modules Installerサービスを手動で起動する方法を紹介します。
sc コマンドにより起動します。

C:\>sc start TrustedInstaller

他の方法として net コマンドでも起動させることが可能です。

C:\>net start TrustedInstaller


www.click-rescue.com

2019年1月12日土曜日

ネットワークの場所の変更方法

「識別されていないネットワーク」に分類されたネットワークの場所を「パブリックネットワーク」から「プライベートネットワーク」に変更する方法です。


デフォルトゲートウェイが設定されていないネットワーク環境などでは「識別されていないネットワーク」となり、パブリックネットワークの扱いになります。
パブリックネットワークになるとファイアウォールの設定が厳しくなったりネットワークのフルマップが作成できないなど支障をきたすことがあります。
信頼できるネットワークにいる場合にはこれをプライベートネットワークに変更した方が問題は少ないと思います。


【ローカルセキュリティポリシーで設定する】


  1. キーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」を起動します。
    「control admintools」と入力して「OK」をクリックし、コントロールパネルの管理ツールを起動します。
  2. 管理ツールの一覧から「ローカルセキュリティポリシー」を起動します。
  3. [セキュリティの設定] - [ネットワーク リスト マネージャー ポリシー] を開きます。
    ネットワーク名の一覧から「識別されていないネットワーク」をダブルクリックします。
  4. 「識別されていないネットワークのプロパティ」ダイアログが起動します。
    「場所の種類」を「プライベート」に設定します。

    「ユーザーのアクセス許可」で「ユーザーは場所を変更できる」に設定するとネットワークと共有センターでネットワークの場所を変更できるようになります。
    ※アクセス許可の設定は Vista ではできましたが Windows 7 、8、Windows Server 2008 R2 、Windows Server 2012 ではここを設定しても変更できないようです。
  5. ネットワークと共有センターで確認し、「プライベートネットワーク」もしくは「社内ネットワーク」になっていればOKです。



【レジストリで設定する】

  1. キーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」を起動します。
    「regedit」と入力して「OK」をクリックし、コントロールパネルの管理ツールを起動します。
  2. HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\NetworkList\Signatures を探します。

    この中に「010103000F0000F0010000000F0000F0C967A3643C3AD745950DA7859209176EF5B87C875FA20DF21951640E807D7C24」というキーがあれば選択します。

    なければ「Signatures」で右クリックし、[新規作成]から[キー]を選択します。
    キーの名前に「010103000F0000F0010000000F0000F0C967A3643C3AD745950DA7859209176EF5B87C875FA20DF21951640E807D7C24」と入力します。
  3. さらに今作成したキーの中に「Category」という名前の DWORD 値を作成します。
  4. 作成した「Category」値をダブルクリックします。
    値を変更します。
    1:プライベートネットワーク
    0:パブリックネットワーク
    未構成にする場合は値ごともしくはキーごと削除します。
  5. 「ユーザーのアクセス許可」を設定する場合は「CategoryReadOnly」というDWORD値を作成(変更)します。
    0:ユーザーは場所を変更できる
    1:ユーザーは場所を変更できない
    未構成にする場合は値ごともしくはキーごと削除します。
  6. ローカルセキュリティポリシーで設定を変更したとき同様、ネットワークの場所が変更されているか確認します。

2019年1月10日木曜日

Windows 10の設定画面をコマンドで開く


●「ファイル名を指定して実行」を使って設定画面を開く
 [システム]-[バージョン情報]画面を開く場合は、[Windows]+[R]キーを押して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、名前の入力ボックスに「ms-settings:about」と入力して、[OK]ボタンをクリックすればよい。

●コマンドプロンプトから直接起動する

 [Windows]+[R]の「ファイル名を指定して実行」ダイアログではなく、コマンドラインから直接起動したければ、URIの前に「start ~」を付けて、「start ms-settings:about」のようにして実行する。URIを覚えるのが面倒なら、このコマンド行をバッチファイルとして保存しておくと(例えば、winabout.cmdという名前で保存しておく)、簡単に起動できるだろう。

●設定画面を開くショートカットを作成する

 [Windows Update]画面など、よく開く設定画面は、デスクトップにショートカットを作成しておくと便利だ。デスクトップの空いているところを右クリックし、開いたメニューの[新規作成]-[ショートカット]を選択する。[ショートカットの作成]ウィザードが起動するので、「ms-settings:windowsupdate」と入力し、[次へ]ボタンをクリック、次の画面で「Windows Update」などと入力すれば、[Windows Update]画面を開くショートカットがデスクトップ上に作成できる。


●主な設定画面のURI

 Windows 10の設定画面は、大型アップデート(機能アップデート)が適用されるたびに変更されている。そのため、設定画面のURIも、Windows 10のバージョンごとに一部変更されている。以下、Windows 10 October 2018 Updateの主な設定画面の「ms-settings:URI」を一覧で紹介する。Windows 10 April 2018 Update以前では開かないURIもあるので注意していただきたい。

設定画面ms-settings:~
Windowsの設定ms-settings:
システム
 ディスプレイms-settings:display
 サウンドms-settings:sound
 通知とアクションms-settings:notifications
 集中モードms-settings:quiethours
 電源とスリープms-settings:powersleep
 ストレージms-settings:storagesense
 タブレットモードms-settings:tabletmode
 マルチタスクms-settings:multitasking
 このPCへのプロジェクションms-settings:project
 共有エクスペリエンスms-settings:crossdevice
 リモートデスクトップms-settings:remotedesktop
 バージョン情報ms-settings:about
デバイス
 Bluetoothとその他のデバイスms-settings:bluetooth
 プリンターとスキャナーms-settings:printers
 マウスms-settings:mousetouchpad
 入力ms-settings:typing
 ペンとWindows Inkms-settings:pen
 自動再生ms-settings:autoplay
 USBms-settings:usb
電話
 電話ms-settings:mobile-devices
ネットワークとインターネット
 状態ms-settings:network-status
 イーサネットms-settings:network-ethernet
 ダイヤルアップms-settings:network-dialup
 VPNms-settings:network-vpn
 データ使用状況ms-settings:datausage
 プロキシms-settings:network-proxy
個人用設定
 背景ms-settings:personalization-background
 色ms-settings:colors
 ロック画面ms-settings:lockscreen
 テーマms-settings:themes
 フォントms-settings:fonts
 スタートms-settings:personalization-start
 タスクバーms-settings:taskbar
アプリ
 アプリと機能ms-settings:appsfeatures
 既定のアプリms-settings:defaultapps
 オフラインマップms-settings:maps
 Webサイト用のアプリms-settings:appsforwebsites
 ビデオの再生ms-settings:videoplayback
 スタートアップms-settings:startupapps
アカウント
 ユーザーの情報ms-settings:yourinfo
 メール&アプリのアカウントms-settings:emailandaccounts
 サインインオプションms-settings:signinoptions
 職場または学校にアクセスするms-settings:workplace
 家族とその他のユーザーms-settings:otherusers
 設定の同期ms-settings:sync
時刻と言語
 日付と時刻ms-settings:dateandtime
 地域と言語ms-settings:regionlanguage
 音声認識ms-settings:speech
ゲーム
 ゲームバーms-settings:gaming-gamebar
 ゲームDVRms-settings:gaming-gamedvr
 ブロードキャストms-settings:gaming-broadcasting
 ゲームモードms-settings:gaming-gamemode
 TruePlayms-settings:gaming-trueplay
 Xboxネットワークms-settings:gaming-xboxnetworking
簡単操作
 ディスプレイms-settings:easeofaccess-display
 カーソルとポインターのサイズms-settings:easeofaccess-cursorandpointersize
 拡大鏡ms-settings:easeofaccess-magnifier
 カラーフィルターms-settings:easeofaccess-colorfilter
 ハイコントラストms-settings:easeofaccess-highcontrast
 ナレーターms-settings:easeofaccess-narrator
 オーディオms-settings:easeofaccess-audio
 字幕ms-settings:easeofaccess-closedcaptioning
 音声認識ms-settings:easeofaccess-speechrecognition
 キーボードms-settings:easeofaccess-keyboard
 マウスms-settings:easeofaccess-mouse
 視線制御(ベータ)ms-settings:easeofaccess-eyecontrol
Cortana
 Cortanaに話しかけるms-settings:cortana
 アクセス許可と履歴ms-settings:cortana-permissions
 デバイス間でのCortanams-settings:cortana-notifications
 詳細情報ms-settings:cortana-moredetails
プライバシー
 全般ms-settings:privacy
 音声認識、手書き入力、入力の設定ms-settings:privacy-speechtyping
 診断&フィードバックms-settings:privacy-feedback
 アクティビティの履歴ms-settings:privacy-activityhistory
 位置情報ms-settings:privacy-location
 カメラms-settings:privacy-webcam
 マイクms-settings:privacy-microphone
 通知ms-settings:privacy-notifications
 アカウント情報ms-settings:privacy-accountinfo
 連絡先ms-settings:privacy-contacts
 カレンダーms-settings:privacy-calendar
 通話履歴ms-settings:privacy-callhistory
 メールms-settings:privacy-email
 タスクms-settings:privacy-tasks
 メッセージングms-settings:privacy-messaging
 無線ms-settings:privacy-radios
 他のデバイスms-settings:privacy-customdevices
 バックグランドアプリms-settings:privacy-backgroundapps
 アプリの診断ms-settings:privacy-appdiagnostics
 ファイルの自動ダウンロードms-settings:privacy-automaticfiledownloads
 ドキュメントms-settings:privacy-documents
 ピクチャms-settings:privacy-pictures
 ビデオms-settings:privacy-videos
 ファイルシステムms-settings:privacy-broadfilesystemaccess
更新とセキュリティ
 Windows Updatems-settings:windowsupdate
 Windowsセキュリティms-settings:windowsdefender
 バックアップms-settings:backup
 トラブルシューティングms-settings:troubleshoot
 回復ms-settings:recovery
 ライセンス認証ms-settings:activation
 デバイスの検索ms-settings:findmydevice
 開発者向けms-settings:developers
 Windows Insider Programms-settings:windowsinsider





2019年1月8日火曜日

PowerShelllでネットワークの場所を変更する

PowerShelllでNetConnectionProfileの設定を変更する

●プライベートに変更する場合
PS> Get-NetConnectionProfile | where Name -eq "<ネットワーク名>" | Set-NetConnectionProfile -NetworkCategory Private

●パブリックに変更する場合
PS> Get-NetConnectionProfile | where Name -eq "<ネットワーク名>" | Set-NetConnectionProfile -NetworkCategory Public

●ネットワーク名の確認方法
PS > Get-NetConnectionProfile

Name             : ネットワーク
InterfaceAlias   : ローカル エリア接続
InterfaceIndex   : 9
NetworkCategory  : Private
IPv4Connectivity : Internet
IPv6Connectivity : NoTraffic

のName欄の名前がネットワーク名